今月(2017年07月)も喜ばれてます。 ナットクの保険選びに。

 ペット保険 選び

小型犬
Affen Pinscher
 アーフェンピンシャー

 ネットだからカンタン! 無料でできる 一括資料請求が 保険選びの基本!

↑ クリック ↑
比べるから ナットクの保険 が分かる

アーフェンピンシャーのペット保険選び

あなたのアーフェンピンシャーのペット保険、気になってませんか?

人間なら、強制加入の健康保険がありますので、
 【 普  段 】 →→ 保険料の支払い
 【ケガ・病気時】 →→ 診療費負担の軽減
が当たり前のことになってます。 でもペットの場合は違いますね。

自分たちでペット保険に加入しない限り、診療費用は全額負担となります。

そのため、ペットのケガや病気で、治療を受けさせようとして費用の高さにびっくりする人も多いです。

とはいえ、あなたのアーフェンピンシャーも家族の一員。 ケガや病気のときには適切な治療を受けさせたいですよね。

だからこそ、人間では当たり前の「健康保険」の、愛犬版ともいえるペット保険は、健康で幸せない生活のために、実は欠かせないことかもしれませんね。

ところで、このペット保険、実はどこも同じというものではありません。 いろいろな特徴をもった保険があります。

例えばアニコムなら、対応病院での診療費の支払いは、保険適用分を差し引いた額の支払いで済みます(通常はいったん診療費を全額支払った後に、保険会社に保険金を請求するかたちが一般的)。 また、補償内容や補償額、割引などの内容も異なります。

ペットの年齢条件は?」「多頭飼いの場合は?」「補償額は?」「保険料は?」「割引制度は?」「支払い限度額は?」・・・大切なあなたのアーフェンピンシャーのためのペット保険だから疑問はしっかり解消して選びたいですよね。

あなたのアーフェンピンシャーのベストなペット保険を見つけるために、無料一括資料請求がすごく便利です。

一つのペット保険では分かりにくい保険の特徴も、いくつかを比べることで理解も深まります。

この方法を知らずに保険を選んでしまった飼い主さんが本気で悔しがってます。


ペット保険
↑ クリック ↑
比べるから 長所と短所が分かります


アーフェンピンシャーの寿命は10年~15年。 できるだけ元気で幸せな生活を一緒に過ごすために、今あなたにできる事を。

***** ***** *****

ペット保険と動物病院
ペット保険と動物病院が提携することで、診療費用の自己負担分だけを動物病院の窓口で支払えばいいケースもあります。いったん全額支払って、後で保険会社に請求するのに比べて便利で楽々ですね。ペット保険との提携状況も動物病院選びのポイントの一つになりそうですね。

少額短期保険会社
少額短期保険会社は、保険業法に基づき登録を受けています。ペット保険会社には少額短期保険会社も多いです。保険契約者等の保護の観点から、少額短期保険会社が守るべきいろいろなルールが法律で定められており、だれかれ保険を販売できないようになってます。

肥満の愛犬
ちかごろ肥満気味のワンコが多いそうです。肥満ようのドッグフードもあるほどです。運動不足と食べ過ぎによるものですね。たとえば高齢者が飼うワンコの場合、かわいがりすぎて肥満にしてしまう傾向もあるそうです。人間も犬も肥満は健康によくないので、注意したいところです。

愛犬の健康管理
愛犬の健康管理にも注意してあげましょう。人の間でもメタボが話題に上がりますが、ワンコの場合も食べすぎや運動不足が健康を害する原因となっています。食事の管理と散歩など適度な運動が大事です。それとストレスも健康管理で注意してあげたいところです。

ペット保険の対象動物
ペット保険といえば犬や猫の保険がよく知られてますが、そのほか鳥、うさぎ、フェレット、ハムスター、モルモットなども加入できます。ペット保険よって対象となる動物は異なりますので確認は必要ですが、爬虫類でも加入できるペット保険もあるようです。保険の守備範囲は広いですね。

ダックスフンド(ミニチュア)のトイレ悩み・訓練について(ワンコとの生活)。

小型犬のアーフェンピンシャーについてプチこらむ。アーフェンピンシャーってけっこうマイペースと思いませんか?初めての人には難しいのかな?集合住宅でもいけそうかも。留守番はできるかなぁ・・苦労するんじゃないでしょうか。

もちろんワンコの性格は犬種だけで分かるものではないですね。 それぞれ個体差があります。親犬の気性の影響や、育った環境などによっても違います。 あなたのアーフェンピンシャーはどんな感じ?

愛犬の健康は 普段の生活から。

食事やケアが、愛犬の健康に差をつけます。

愛犬との健康で幸せな生活のために、「今できること」「今しかできないこと」があります。

愛犬の健康にも、インターネットがすごく便利。

例えば、食事なら・・・
・ 犬減量サポート
・ 犬糖コントロール
・ 犬スキンサポート
・ 犬肝臓サポート
・ 犬腎臓サポート
・ 犬関節サポート 他
サプリメントなら・・・
・ 肥満
・ 関節・骨
・ 皮膚・被毛
・ 高齢
・ 尿ケア
・ ストレス 他
医薬品・その他にも
・ ノミ・ダニ予防駆除
・ 腸内寄生虫
・ 点眼薬
・ 耳の薬
・ 整腸剤・お腹
・ シャンプー 他

ワンちゃん・ペット関連のHP

| (社)日本獣医師会JPPMA..日本ペット用品工業会(社)ペットフード協会Wikiペットのページ

。小型犬。

| 犬の病気や保険愛犬のペット保険

お問い合わせ

ご感想・ご意見・お問合せなどについて

Copyright © 2009-2017 愛犬の保険選び>>無料資料請求で保険をカンタン比較. All rights reserved