犬の便の異常


ウンチ(便)も犬の健康状態を確認するのに大切です。 便の状態に多くの病気のサインが表れていたりします。 見逃さないようにしたいですね。

ウンチの異常に気づくためには、普段の健康なときの愛犬のウンチを観察しておくことも大切ですね。

ちなみに、一般的に健康な状態といわれている便は、つかめる程度の硬さがあり、濃くも薄くもない茶色です。 基本的に食事と同じ回数で排便し、 臭いは食べ物によって変わります。


【下痢のとき】・・・
下痢以外に症状がない場合は、まずは様子をみてみましょう。 もともと便がゆるめの犬もいますし、食事の内容や体調によってもゆるくなる場合もあります。
でも下痢が続く場合には注意が必要です。 また他の症状(嘔吐や発熱など)も伴う場合には動物病院で受診しましょう。 下痢を起こす病気には、胃腸炎、回虫などの寄生虫、ウイルスによる感染症などがあります。


【便秘のとき】・・・
下痢に比べ、便秘のほうが、気づきにくいかもしれません。 見落とさないようにしたいですね。
排便の回数は食事の内容や環境の変化などにも影響を受けます。 苦しそうにしたり、お腹が張ったりなどの異常が見られない場合は一日様子をみてみましょう。
便秘と下痢を繰り返したり、発熱や呼吸の異常を伴う場合は、病気の可能性があります。 動物病院で受診しましょう。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

小型犬で注意したい病気~小型犬の病気
犬種によってかかりやすい病気は異なります。 病気の原因がその種類のもつ特徴に関係する場合もあります。 また、例えば大型犬と小型犬では飼い方も異なってきて生活環境が異なりますからね。 遺伝的なものもありますので、親兄弟のかかった病気なども、も.....

犬の種類と病気の関係~犬種と病気
犬の種類によって、実はかかりやすい病気の傾向があります。 飼っている犬種がどのような病気にかかりやすいかを予め知っておくことも、イザというときに慌てないために大事です。いくつかを紹介しますので参考にされるといいでしょう。.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved