愛犬と動物病院


愛犬のための病院選びは、愛犬が病気になってからでは準備不足です。 愛犬を迎え入れたら、できるだけ早い機会に動物病院を調べておきましょう。

動物病院の場合、人間の病院と異なり全額負担が基本です。 保険を利用した場合も、一旦病院にお金を払い、その後に保険会社に請求する場合が多いです。

一部例外もあります。 例えば、アニコム損保と提携した動物病院なら、アニコムの保険に加入している犬の治療の場合、保険分を差し引いた支払いで済みます。 一時的な出費も抑えられますし、手続きの面倒も無く便利ですね。 動物病院を選ぶ際の一つのチェックポイントですね。

動物病院はできるだけ近くの病院が便利です。 また、施設内が不潔な病院は避けましょう。料金の説明がしっかりしているところが信頼できます。

近所の飼い主さんやペットショップなどから情報収集するのもいいですね。 病院の先生やスタッフの対応や腕なども、実際に診察を受けた人に聞くのが一番ですからね。

注意したいのが、問診や触診、聴診を行わないで診断する病院は避けましょう。 犬は話せませんから、飼い主さんの情報や、触診・聴診で状態を確認する事が診断に不可欠のはずですから。

アクセスや評判、支払い方法、先生や看護師さんたちの人柄や対応など総合的に動物病院は選びたいですね。 愛犬が病気になってから探すのでは、満足の病院選びはできないですね。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

犬の病気・怪我に気づくには~犬の病気のサイン
犬は人のように言葉で体調の悪さを訴えることはできません。 ですので、重大な事態になる前に飼い主さんが気づいてあげる事が大事です。犬がケガや病気をしたときの異変やサインに気がつけるように、どんな状態が要注意か.....

犬のオシッコにみる異常~犬の尿の異常
オシッコ(尿)は身体の健康状態を知る上ですごく重要です。 多くのサインが、尿の異常から読み取れます。 ただ、愛犬が健康な日頃から気にかけてないと、サインを見落としたり、変化に気がつかなかったりします。尿の異常は、色や濁り、量や頻度など.....

高い!?動物病院の治療費~動物病院の費用
動物病院での費用はかなり高いことが多いです。 動物病院に行くとなると出費が気になりますね。動物病院での費用が高いのには理由があります。 それは健康保険制度がある人間の場合と比較してしまうからです。 全額負担.....

手軽な犬の健康診断~犬の健康診断キット
健康診断は大切とは分かっていても、愛犬を健康診断のために動物病院に連れて行くのが難しい方も多いでしょう。犬によっては動物病院に行くだけでも抵抗する場合も多いですしね。 それでも病気ならやむを得ませんが、元気な抵抗心たっぷりの愛犬を動物.....

短頭種によくみられる症状・病気~短頭種症候群
犬のうちでも特に鼻の低いというか、鼻ぺちゃの犬種のことをまとめて「短頭種」と呼びます。 ブルドッグやシーズー、パグ、狆などが代表的です。短頭種は、その頭の特徴のために、呼吸器系の病気になりやすいという傾向が.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved