愛犬と動物病院


愛犬のための病院選びは、愛犬が病気になってからでは準備不足です。 愛犬を迎え入れたら、できるだけ早い機会に動物病院を調べておきましょう。

動物病院の場合、人間の病院と異なり全額負担が基本です。 保険を利用した場合も、一旦病院にお金を払い、その後に保険会社に請求する場合が多いです。

一部例外もあります。 例えば、アニコム損保と提携した動物病院なら、アニコムの保険に加入している犬の治療の場合、保険分を差し引いた支払いで済みます。 一時的な出費も抑えられますし、手続きの面倒も無く便利ですね。 動物病院を選ぶ際の一つのチェックポイントですね。

動物病院はできるだけ近くの病院が便利です。 また、施設内が不潔な病院は避けましょう。料金の説明がしっかりしているところが信頼できます。

近所の飼い主さんやペットショップなどから情報収集するのもいいですね。 病院の先生やスタッフの対応や腕なども、実際に診察を受けた人に聞くのが一番ですからね。

注意したいのが、問診や触診、聴診を行わないで診断する病院は避けましょう。 犬は話せませんから、飼い主さんの情報や、触診・聴診で状態を確認する事が診断に不可欠のはずですから。

アクセスや評判、支払い方法、先生や看護師さんたちの人柄や対応など総合的に動物病院は選びたいですね。 愛犬が病気になってから探すのでは、満足の病院選びはできないですね。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

犬のウンチにみる異常~犬の便の異常
ウンチ(便)も犬の健康状態を確認するのに大切です。 便の状態に多くの病気のサインが表れていたりします。 見逃さないようにしたいですね。ウンチの異常に気づくためには、普段の健康なときの愛犬のウンチを観察しておくことも大切ですね。ちなみに、一般.....

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

小型犬で注意したい病気~小型犬の病気
犬種によってかかりやすい病気は異なります。 病気の原因がその種類のもつ特徴に関係する場合もあります。 また、例えば大型犬と小型犬では飼い方も異なってきて生活環境が異なりますからね。 遺伝的なものもありますので、親兄弟のかかった病気なども、も.....

獣医師が教える病気改善・予防のマッサージ法~愛犬の病気を自宅で改善
「うちのワンコは医者要らず」と喜ばれてる方法があります。 開業15年以上の現役獣医師が教える方法です。【自宅でできる】愛犬の病気改善法です。この方法の著者は、「(社)日本ペットマッサージ協会」理事長で、「かまくら .....

犬の病気・怪我に気づくには~犬の病気のサイン
犬は人のように言葉で体調の悪さを訴えることはできません。 ですので、重大な事態になる前に飼い主さんが気づいてあげる事が大事です。犬がケガや病気をしたときの異変やサインに気がつけるように、どんな状態が要注意か.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved