動物病院・迷う判断


愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。

目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。

:歩き方:
腰が抜けていたり、足がブラブラして腫れていたりするときは、早急に動物病院で受診してもらいましょう。 痛そうに足を上げているときや、又は体重をかけられないときにも受診してもらいましょう。足を引きずっているときもそうです。 ふらついたり、飛び上がりや飛び降りができないなどで気になるときは、まず相談してみるといいでしょう。

:呼吸:
愛犬が息苦しそうに呼吸が早いとき、咳き込むときなどは早急に動物病院に行き受診しましょう。 呼吸が遅い、又は速い、荒い場合で、せきやくしゃみが続くような場合も受診させましょう。 時々せきやくしゃみをしたり、たんが絡む程度なら、まずは相談してみるといいでしょう。

:目:
目を物にぶつけたとき、目が白濁している、急に目が真っ赤になるなどのときは急いで動物病院に受診させたほうがいいでしょう。 黄色い目ヤニが出ている場合も受診させたほうがいいです。 半透明の目ヤニがたまる程度なら、まずは相談してみましょう。

:オシッコ:
血尿や、尿が出ない場合、又は垂れ流し状態なら早急に動物病院で受診させたほうがいいでしょう。 尿の色が濃すぎたり、濁っていたり、血が混じっているとき、また漏らしたり、出にくいときも受診させたほうがいいです。 いつもより尿の色が濃い又は薄い、臭いがきつい場合は、まず相談してみるといいでしょう。

:便:
愛犬が激しい下痢をしているときや、粘性のある血便のときは早急に動物病院で受診させたほうがいいでしょう。 急な下痢や慢性的な下痢、排便をしようとその姿勢を繰り返す、尻をこするなどの場合も受診させたほうがいいでしょう。 軟便や消化不良、たびたびの便秘などは、まず相談してみるといいでしょう。

:食欲:
食べないときには早急に動物病院で受診させたほうがいいです。 食べる量が半減し、他にも異常が見られるときにも受診させたほうがいいです。 食欲にムラがあるときや、痩せたときなどは、まずは相談してみましょう。

:吐く:
食べないのに吐く時、吐いたものに血が混じっているとき、フンの臭いがあるときは早急に動物病院で受診させたほうがいいでしょう。 続けて吐いたり、水を大量に飲んですぐ吐いたり、吐いたものに虫や異物が混じっているときも受診させたほうがいいでしょう。 草を食べて吐いたり、時々吐く程度であれば、まず相談してみるといいでしょう。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

ペット犬の病院選び~愛犬と動物病院
愛犬のための病院選びは、愛犬が病気になってからでは準備不足です。 愛犬を迎え入れたら、できるだけ早い機会に動物病院を調べておきましょう。動物病院の場合、人間の病院と異なり全額負担が基本です。 保険を利用した場合も、一旦病院にお金を払い、その後に保.....

成犬・老犬の健康管理~健康な成犬・老犬
健康管理の基本は普通の生活。 栄養バランスの取れた食事、適度な運動、清潔な生活環境です。子犬から成長し、成犬になると身体も出来上がり、病気に対する抵抗力もアップします。 だんだん病気することも無くなってくるでしょう。 で.....

大型犬で注意したい病気~大型犬の病気
大型犬は小型犬に比べ何倍~何十倍も大きいです。 しかし、大型犬も小型犬も生まれたときの大きさはそれほど変わりません。大型犬は生まれて1年足らずで大きく成長していきます。 そんな大型犬の特徴から、大型犬には特に骨の病気が多いといわれています。大型犬.....

処方食やサプリメントは日本最大級の動物病院の通販が便利~愛犬の療養食/処方食/サプリメント
愛犬のサプリメントや処方食選びなら、日本最大級の動物病院【本間獣医科医院】の通販なら、便利で安心。お店の営業時間を気にすることなく選べます。 また、お店に行く手間も省けますね。この通販サイト「本間アニマルメディカルサプラ.....

犬の健康をチェック~犬の体調を数字で把握
普段から愛犬の健康状態を知っておけば、病気の早期発見に役立ちます。チェックする項目は人の場合とそれほど変わりません。基本的には「体温」「体重」「脈拍数」「呼吸数」です。毎日は難しいとしても、犬の年齢や状態に応じて、.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved