大型犬の病気


大型犬は小型犬に比べ何倍~何十倍も大きいです。 しかし、大型犬も小型犬も生まれたときの大きさはそれほど変わりません。

大型犬は生まれて1年足らずで大きく成長していきます。 そんな大型犬の特徴から、大型犬には特に骨の病気が多いといわれています。

大型犬がかかりやすい病気をいくつかピックアップします。


【股関節形成不全】
1~3歳くらいで発症します。 骨の病気の中でも最も多い病気です。 症状的には腰がふらつき、ジャンプができなかったりします。 後ろ足の両足が貧弱で、痛がったり、歩きづらそうな状態になります。


【汎骨炎(はんこつえん)】
1~3歳くらいまでに発症しますが、2~3歳以上になるとほぼ自然に治ります。 シェパードによくみられます。
症状的には、脚を痛がり、片足を引きずって歩く(跛行)こともあります。 4本とも痛がりますが、同時に全ての脚が痛くなることは無いようです。


【骨肉種】
骨の腫瘍です。 早期発見で脚の切断などによる治療を行っても1年以上の生存は難しいといわれています。 ゴールデン・レトリバーやシェパードがかかりやすいといわれてます。


【心筋症】
大型犬の突然死の原因の一つです。 心臓の筋肉の病気です。 呼吸が苦しそうだったり、せきをしたり、やせたりといった症状などが出てきます。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

愛犬・愛猫の火葬とお墓|ペット葬儀の話
いつかは愛犬・愛猫など家族の一員だったペットも亡くなります。そんなとき捨てることなんかできないから、火葬やお墓のことを知っておくことも大事です。慌てて失敗しないために、ペットの終活について。.....

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

犬の種類と病気の関係~犬種と病気
犬の種類によって、実はかかりやすい病気の傾向があります。 飼っている犬種がどのような病気にかかりやすいかを予め知っておくことも、イザというときに慌てないために大事です。いくつかを紹介しますので参考にされるといいでしょう。.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved