大型犬の病気


大型犬は小型犬に比べ何倍~何十倍も大きいです。 しかし、大型犬も小型犬も生まれたときの大きさはそれほど変わりません。

大型犬は生まれて1年足らずで大きく成長していきます。 そんな大型犬の特徴から、大型犬には特に骨の病気が多いといわれています。

大型犬がかかりやすい病気をいくつかピックアップします。


【股関節形成不全】
1~3歳くらいで発症します。 骨の病気の中でも最も多い病気です。 症状的には腰がふらつき、ジャンプができなかったりします。 後ろ足の両足が貧弱で、痛がったり、歩きづらそうな状態になります。


【汎骨炎(はんこつえん)】
1~3歳くらいまでに発症しますが、2~3歳以上になるとほぼ自然に治ります。 シェパードによくみられます。
症状的には、脚を痛がり、片足を引きずって歩く(跛行)こともあります。 4本とも痛がりますが、同時に全ての脚が痛くなることは無いようです。


【骨肉種】
骨の腫瘍です。 早期発見で脚の切断などによる治療を行っても1年以上の生存は難しいといわれています。 ゴールデン・レトリバーやシェパードがかかりやすいといわれてます。


【心筋症】
大型犬の突然死の原因の一つです。 心臓の筋肉の病気です。 呼吸が苦しそうだったり、せきをしたり、やせたりといった症状などが出てきます。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

高い!?動物病院の治療費~動物病院の費用
動物病院での費用はかなり高いことが多いです。 動物病院に行くとなると出費が気になりますね。動物病院での費用が高いのには理由があります。 それは健康保険制度がある人間の場合と比較してしまうからです。 全額負担.....

成犬・老犬の健康管理~健康な成犬・老犬
健康管理の基本は普通の生活。 栄養バランスの取れた食事、適度な運動、清潔な生活環境です。子犬から成長し、成犬になると身体も出来上がり、病気に対する抵抗力もアップします。 だんだん病気することも無くなってくるでしょう。 で.....

手軽な犬の健康診断~犬の健康診断キット
健康診断は大切とは分かっていても、愛犬を健康診断のために動物病院に連れて行くのが難しい方も多いでしょう。犬によっては動物病院に行くだけでも抵抗する場合も多いですしね。 それでも病気ならやむを得ませんが、元気な抵抗心たっぷりの愛犬を動物.....

大型犬で注意したい病気~大型犬の病気
大型犬は小型犬に比べ何倍~何十倍も大きいです。 しかし、大型犬も小型犬も生まれたときの大きさはそれほど変わりません。大型犬は生まれて1年足らずで大きく成長していきます。 そんな大型犬の特徴から、大型犬には特に骨の病気が多いといわれています。大型犬.....

短頭種によくみられる症状・病気~短頭種症候群
犬のうちでも特に鼻の低いというか、鼻ぺちゃの犬種のことをまとめて「短頭種」と呼びます。 ブルドッグやシーズー、パグ、狆などが代表的です。短頭種は、その頭の特徴のために、呼吸器系の病気になりやすいという傾向が.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved