大型犬の病気


大型犬は小型犬に比べ何倍~何十倍も大きいです。 しかし、大型犬も小型犬も生まれたときの大きさはそれほど変わりません。

大型犬は生まれて1年足らずで大きく成長していきます。 そんな大型犬の特徴から、大型犬には特に骨の病気が多いといわれています。

大型犬がかかりやすい病気をいくつかピックアップします。


【股関節形成不全】
1~3歳くらいで発症します。 骨の病気の中でも最も多い病気です。 症状的には腰がふらつき、ジャンプができなかったりします。 後ろ足の両足が貧弱で、痛がったり、歩きづらそうな状態になります。


【汎骨炎(はんこつえん)】
1~3歳くらいまでに発症しますが、2~3歳以上になるとほぼ自然に治ります。 シェパードによくみられます。
症状的には、脚を痛がり、片足を引きずって歩く(跛行)こともあります。 4本とも痛がりますが、同時に全ての脚が痛くなることは無いようです。


【骨肉種】
骨の腫瘍です。 早期発見で脚の切断などによる治療を行っても1年以上の生存は難しいといわれています。 ゴールデン・レトリバーやシェパードがかかりやすいといわれてます。


【心筋症】
大型犬の突然死の原因の一つです。 心臓の筋肉の病気です。 呼吸が苦しそうだったり、せきをしたり、やせたりといった症状などが出てきます。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

犬のウンチにみる異常~犬の便の異常
ウンチ(便)も犬の健康状態を確認するのに大切です。 便の状態に多くの病気のサインが表れていたりします。 見逃さないようにしたいですね。ウンチの異常に気づくためには、普段の健康なときの愛犬のウンチを観察しておくことも大切ですね。ちなみに、一般.....

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

小型犬で注意したい病気~小型犬の病気
犬種によってかかりやすい病気は異なります。 病気の原因がその種類のもつ特徴に関係する場合もあります。 また、例えば大型犬と小型犬では飼い方も異なってきて生活環境が異なりますからね。 遺伝的なものもありますので、親兄弟のかかった病気なども、も.....

獣医師が教える病気改善・予防のマッサージ法~愛犬の病気を自宅で改善
「うちのワンコは医者要らず」と喜ばれてる方法があります。 開業15年以上の現役獣医師が教える方法です。【自宅でできる】愛犬の病気改善法です。この方法の著者は、「(社)日本ペットマッサージ協会」理事長で、「かまくら .....

犬の病気・怪我に気づくには~犬の病気のサイン
犬は人のように言葉で体調の悪さを訴えることはできません。 ですので、重大な事態になる前に飼い主さんが気づいてあげる事が大事です。犬がケガや病気をしたときの異変やサインに気がつけるように、どんな状態が要注意か.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved