愛犬の病気を自宅で改善


「うちのワンコは医者要らず」と喜ばれてる方法があります。 開業15年以上の現役獣医師が教える方法です。

【自宅でできる】愛犬の病気改善法です。

この方法の著者は、「(社)日本ペットマッサージ協会」理事長で、「かまくら げんき動物病院」院長の 石野孝 氏です。

石野孝氏は、本の著作、雑誌での執筆、テレビへの出演などいろいろ活躍している人ですので、知っている方も少なくないと思います。 最新の西洋医学と伝統的東洋医学を融合させた統合医療(ホリスティック医療)を実践し、動物にやさしい治療を行っている獣医師です。

自宅ででき、30種以上の病気・症状の予防・改善のためのメディカルマッサージなら、生まれつき体が弱いワンコも、老犬もあきらめるのは早いかもしれません。

この方法で紹介されてる病気や症例には、結膜炎(涙が出る)、角膜炎(まぶしい)、白内障(よく見えない)、外耳炎(耳がかゆい)、肝臓疾患(耳が汚れる)、腎臓・肝臓・膵臓疾患(耳が赤くカラカラ)、鼻炎(鼻水が出る)、鼻腟腫痬(鼻血が出る)、副鼻腟炎(鼻が鳴る)、歯周病(口が臭い)、口内炎、風邪、心不全、気管虚脱(息が苦しそう)、変形性骨関節炎、股関節形成不全(ちゃんと歩けない)、甲状腺機能低下症(身体が冷たい)、糖尿病、下部尿路疾患(オシッコが近い)、腎不全(オシッコが赤い)、食欲低下、下痢、嘔吐、腹痛、便秘、肝炎、胆石症、前立腺肥大(オシッコが出にくい)、停留精巣、子宮蓄膿症(変なにおい)、アトピー性皮膚炎、膿皮症(肌が赤い)、真菌症(ふけが出る)、外部寄生虫性皮膚炎(毛が抜ける)、湿疹、などで、その予防や改善にいいそうです。

実践者からの喜びの声もたくさん届いており、ワンコが元気になっていく体験談は読むだけでも嬉しくなってきます。^^

犬の病気改善 テレビでも活躍の現役獣医師 石野孝先生が贈る「ワンコのための病気改善マッサージ法」の公式サイトはコチラ

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

犬のウンチにみる異常~犬の便の異常
ウンチ(便)も犬の健康状態を確認するのに大切です。 便の状態に多くの病気のサインが表れていたりします。 見逃さないようにしたいですね。ウンチの異常に気づくためには、普段の健康なときの愛犬のウンチを観察しておくことも大切ですね。ちなみに、一般.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved