犬の病気のサイン


犬は人のように言葉で体調の悪さを訴えることはできません。 ですので、重大な事態になる前に飼い主さんが気づいてあげる事が大事です。

犬がケガや病気をしたときの異変やサインに気がつけるように、どんな状態が要注意かを把握しておくことが大事ですね。

それと、普段から愛犬のことをよく見ていることも大切ですね。

犬の場合でも、病気や怪我は早期発見が大事です。

チェックしたいポイントをまとめます。

・嘔吐や下痢はしていないか?
・オシッコのニオイに変化はないか?
・鼻水、目ヤニが出ていないか?
・散歩に行きたがらない/途中で座り込んで動こうとしない
・身体のバランスが悪い
・ブラッシング・耳掃除・歯磨きなどで普段と違うことはないか?(汚れ方、つや、口臭、暑くもないのに呼吸が荒い、・・・)
・食欲がない

普段から愛犬のことを観察して、癖や特徴も知っている事もすごく大切です。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

犬のウンチにみる異常~犬の便の異常
ウンチ(便)も犬の健康状態を確認するのに大切です。 便の状態に多くの病気のサインが表れていたりします。 見逃さないようにしたいですね。ウンチの異常に気づくためには、普段の健康なときの愛犬のウンチを観察しておくことも大切ですね。ちなみに、一般.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved