犬の体調を数字で把握


普段から愛犬の健康状態を知っておけば、病気の早期発見に役立ちます。

チェックする項目は人の場合とそれほど変わりません。

基本的には「体温」「体重」「脈拍数」「呼吸数」です。

毎日は難しいとしても、犬の年齢や状態に応じて、適度な頻度でチェックしてみてはいかがでしょうか。

(体重測定)
体重が急激に増加したり、減少している場合には病気が隠れているかもしれません。
小型犬の体重は、抱っこして一緒に体重計に乗り、自分の体重を引けばいいですね。
大型犬の場合には、抱っこするわけにいきませんので慣れないと少し大変かもしれませんが、直接体重計に乗せましょう。トレーなどを使うと便利かもしれません。

(体温測定)
体温の測定は、肛門で測ります。 電子体温計がいいでしょう。 体温計は先端にラップを巻いて使うと汚れ防止になりますね。
犬の平熱は、小型犬で39度前後、大型犬で38度前後と、人間より少し高めですね。
時間によって体温は変化しますので、継続的に検温する場合は一定の時間に測るようにしましょう。

(呼吸数)
犬を座らせた状態で、呼吸数を数えましょう。呼吸数は「吸って吐く」の一連動作で1呼吸とします。
標準的な呼吸数は、小型犬で20~30回/分、大型犬で概ね15回/分です。

(脈拍数)
犬の脈を取る位置は、後ろ足の付け根の動脈です。 ですので、犬を横にさせて後ろ足だけ持ち上げて脚の付け根で動脈を見つけましょう。
標準の脈拍数は、小型犬で60~80回/分、大型犬で概ね40~50回/分です。
1分間も測定できない場合には30秒や15秒測って、1分当たりに換算すればいいですね。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

短頭種によくみられる症状・病気~短頭種症候群
犬のうちでも特に鼻の低いというか、鼻ぺちゃの犬種のことをまとめて「短頭種」と呼びます。 ブルドッグやシーズー、パグ、狆などが代表的です。短頭種は、その頭の特徴のために、呼吸器系の病気になりやすいという傾向が.....

愛犬・愛猫の火葬とお墓|ペット葬儀の話
いつかは愛犬・愛猫など家族の一員だったペットも亡くなります。そんなとき捨てることなんかできないから、火葬やお墓のことを知っておくことも大事です。慌てて失敗しないために、ペットの終活について。.....

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved