短頭種症候群


犬のうちでも特に鼻の低いというか、鼻ぺちゃの犬種のことをまとめて「短頭種」と呼びます。 ブルドッグやシーズー、パグ、狆などが代表的です。

短頭種は、その頭の特徴のために、呼吸器系の病気になりやすいという傾向があります。 呼吸器系の病気を総じて「短頭種症候群」と呼ぶこともあります。


【鼻腔狭窄】
鼻腔狭窄は鼻の穴が狭いことです。 鼻腔狭窄の場合、犬は鼻だけでの呼吸では苦しいため、ハーハーと口で呼吸をします。 鼻腔狭窄も場合によっては手術が必要になります。


【軟口蓋伸長症】
軟口蓋(口の奥の方にあるヒダ)が伸びて大きくなります。 短頭種の犬はほとんどがいびきをかきますが、年齢とともにいびきが強くなるのは、この軟口蓋伸長症が関係しています。 呼吸が苦しいほどひどくなった場合には手術が必要です。


【気管虚脱】
遺伝性の病気で、気管の一部が細くなります。 普段何もしてないときに咳をする場合は、気管虚脱の可能性があります。 犬の喉を少し刺激したときに5~6回も続けて咳き込むときもあやしいです。 短頭種だけでなく、小型犬でもよくみられる病気です。


【咽頭の反転】
呼吸困難を起こします。 短い頭の形のために気道に余分な圧力がかかることが原因です。 手術が必要になる場合もあります。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

犬の種類と病気の関係~犬種と病気
犬の種類によって、実はかかりやすい病気の傾向があります。 飼っている犬種がどのような病気にかかりやすいかを予め知っておくことも、イザというときに慌てないために大事です。いくつかを紹介しますので参考にされるといいでしょう。.....

愛犬とペット保険は必要?~犬のペット保険
家族の一員である愛犬が病気になったり、ケガをしたときは、動物病院にかかることは、今ではごく普通のことです。とはいえ動物病院の出費は結構いたいのではないでしょうか。 予測できない出費ですしね。健康保険制度がある人間と異なり、ペッ.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved