健康な子犬


6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。

食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血糖症になる場合も考えられます。 飲み水にハチミツを少し混ぜるなど、糖分の補給も心がけてあげましょう。

生後3ヶ月ごろから乳歯が生え変わります。 徐々に普通の食事に変えていきます。

乳歯の生えかわりについては、永久歯にきれいに生えかわっているかをチェックしましょう。 乳歯が残ったままですとのちのち問題です。

予防接種は、感染症予防のための混合ワクチンを接種するといいでしょう。 母親の免疫がなくなり始める生後40~50日程度に1回、そしてその一ヶ月後にもう1回の、2回接種します。

子犬は体温調節がうまくないですので、寒いときは毛布を使うなど温度管理に気を使ってあげましょう。 また何でも口に入れようとする時期ですので、誤飲しないように周りにも注意してあげましょう。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

犬の健康をチェック~犬の体調を数字で把握
普段から愛犬の健康状態を知っておけば、病気の早期発見に役立ちます。チェックする項目は人の場合とそれほど変わりません。基本的には「体温」「体重」「脈拍数」「呼吸数」です。毎日は難しいとしても、犬の年齢や状態に応じて、.....

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

犬のウンチにみる異常~犬の便の異常
ウンチ(便)も犬の健康状態を確認するのに大切です。 便の状態に多くの病気のサインが表れていたりします。 見逃さないようにしたいですね。ウンチの異常に気づくためには、普段の健康なときの愛犬のウンチを観察しておくことも大切ですね。ちなみに、一般.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved