健康な子犬


6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。

食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血糖症になる場合も考えられます。 飲み水にハチミツを少し混ぜるなど、糖分の補給も心がけてあげましょう。

生後3ヶ月ごろから乳歯が生え変わります。 徐々に普通の食事に変えていきます。

乳歯の生えかわりについては、永久歯にきれいに生えかわっているかをチェックしましょう。 乳歯が残ったままですとのちのち問題です。

予防接種は、感染症予防のための混合ワクチンを接種するといいでしょう。 母親の免疫がなくなり始める生後40~50日程度に1回、そしてその一ヶ月後にもう1回の、2回接種します。

子犬は体温調節がうまくないですので、寒いときは毛布を使うなど温度管理に気を使ってあげましょう。 また何でも口に入れようとする時期ですので、誤飲しないように周りにも注意してあげましょう。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

小型犬で注意したい病気~小型犬の病気
犬種によってかかりやすい病気は異なります。 病気の原因がその種類のもつ特徴に関係する場合もあります。 また、例えば大型犬と小型犬では飼い方も異なってきて生活環境が異なりますからね。 遺伝的なものもありますので、親兄弟のかかった病気なども、も.....

犬の種類と病気の関係~犬種と病気
犬の種類によって、実はかかりやすい病気の傾向があります。 飼っている犬種がどのような病気にかかりやすいかを予め知っておくことも、イザというときに慌てないために大事です。いくつかを紹介しますので参考にされるといいでしょう。.....

獣医師が教える病気改善・予防のマッサージ法~愛犬の病気を自宅で改善
「うちのワンコは医者要らず」と喜ばれてる方法があります。 開業15年以上の現役獣医師が教える方法です。【自宅でできる】愛犬の病気改善法です。この方法の著者は、「(社)日本ペットマッサージ協会」理事長で、「かまくら .....

愛犬とペット保険は必要?~犬のペット保険
家族の一員である愛犬が病気になったり、ケガをしたときは、動物病院にかかることは、今ではごく普通のことです。とはいえ動物病院の出費は結構いたいのではないでしょうか。 予測できない出費ですしね。健康保険制度がある人間と異なり、ペッ.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved