健康な子犬


6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。

食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血糖症になる場合も考えられます。 飲み水にハチミツを少し混ぜるなど、糖分の補給も心がけてあげましょう。

生後3ヶ月ごろから乳歯が生え変わります。 徐々に普通の食事に変えていきます。

乳歯の生えかわりについては、永久歯にきれいに生えかわっているかをチェックしましょう。 乳歯が残ったままですとのちのち問題です。

予防接種は、感染症予防のための混合ワクチンを接種するといいでしょう。 母親の免疫がなくなり始める生後40~50日程度に1回、そしてその一ヶ月後にもう1回の、2回接種します。

子犬は体温調節がうまくないですので、寒いときは毛布を使うなど温度管理に気を使ってあげましょう。 また何でも口に入れようとする時期ですので、誤飲しないように周りにも注意してあげましょう。

***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

高い!?動物病院の治療費~動物病院の費用
動物病院での費用はかなり高いことが多いです。 動物病院に行くとなると出費が気になりますね。動物病院での費用が高いのには理由があります。 それは健康保険制度がある人間の場合と比較してしまうからです。 全額負担.....

成犬・老犬の健康管理~健康な成犬・老犬
健康管理の基本は普通の生活。 栄養バランスの取れた食事、適度な運動、清潔な生活環境です。子犬から成長し、成犬になると身体も出来上がり、病気に対する抵抗力もアップします。 だんだん病気することも無くなってくるでしょう。 で.....

手軽な犬の健康診断~犬の健康診断キット
健康診断は大切とは分かっていても、愛犬を健康診断のために動物病院に連れて行くのが難しい方も多いでしょう。犬によっては動物病院に行くだけでも抵抗する場合も多いですしね。 それでも病気ならやむを得ませんが、元気な抵抗心たっぷりの愛犬を動物.....

大型犬で注意したい病気~大型犬の病気
大型犬は小型犬に比べ何倍~何十倍も大きいです。 しかし、大型犬も小型犬も生まれたときの大きさはそれほど変わりません。大型犬は生まれて1年足らずで大きく成長していきます。 そんな大型犬の特徴から、大型犬には特に骨の病気が多いといわれています。大型犬.....

短頭種によくみられる症状・病気~短頭種症候群
犬のうちでも特に鼻の低いというか、鼻ぺちゃの犬種のことをまとめて「短頭種」と呼びます。 ブルドッグやシーズー、パグ、狆などが代表的です。短頭種は、その頭の特徴のために、呼吸器系の病気になりやすいという傾向が.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved