健康な成犬・老犬


健康管理の基本は普通の生活。 栄養バランスの取れた食事、適度な運動、清潔な生活環境です。

子犬から成長し、成犬になると身体も出来上がり、病気に対する抵抗力もアップします。 だんだん病気することも無くなってくるでしょう。 でも、時を経て、老犬となってくると、人間と同じでだんだん病気にかかりやすくなっていき、健康管理の重要性が高まってきます。

:食事:
食事は栄養バランスが大事です。また食べすぎにも注意が必要です。老犬の場合には紹介のよい食事をあげることも大切です。

:生活環境:
生活環境は清潔に保ってあげましょう。ハウス(犬小屋)が不衛生ですと、ダニなど害虫も発生しやすくなります。
老犬の場合、体温調整がうまくできなくなってきますので、寒暖の差が身体にこたえます。 温度管理のための工夫をしてあげるといいでしょう。

:適度な運動:
身体的な健康とともに、ストレスをためないためにも、適度な運動が大事です。

:犬の老化:
犬の場合は6~7歳くらいから老化が始まるといわれています。 ちなみに犬の寿命は一般的に10~15年程度です。
できれば、5歳を過ぎたころから年一回の健康診断を受けると安心です。 8歳以降は健康診断も半年に1度は受けたいところです。













***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

子犬を育てる健康管理~健康な子犬
6ヶ月ころまでの子犬のお世話で忘れてはいけないことは、十分な栄養を与えることと、予防接種です。食べ物については、成長起用のドッグフードを選びましょう。 生活環境の変化などで子犬がストレスを感じ、そのストレスから低血.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

小型犬で注意したい病気~小型犬の病気
犬種によってかかりやすい病気は異なります。 病気の原因がその種類のもつ特徴に関係する場合もあります。 また、例えば大型犬と小型犬では飼い方も異なってきて生活環境が異なりますからね。 遺伝的なものもありますので、親兄弟のかかった病気なども、も.....

犬の種類と病気の関係~犬種と病気
犬の種類によって、実はかかりやすい病気の傾向があります。 飼っている犬種がどのような病気にかかりやすいかを予め知っておくことも、イザというときに慌てないために大事です。いくつかを紹介しますので参考にされるといいでしょう。.....

獣医師が教える病気改善・予防のマッサージ法~愛犬の病気を自宅で改善
「うちのワンコは医者要らず」と喜ばれてる方法があります。 開業15年以上の現役獣医師が教える方法です。【自宅でできる】愛犬の病気改善法です。この方法の著者は、「(社)日本ペットマッサージ協会」理事長で、「かまくら .....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved