健康な成犬・老犬


健康管理の基本は普通の生活。 栄養バランスの取れた食事、適度な運動、清潔な生活環境です。

子犬から成長し、成犬になると身体も出来上がり、病気に対する抵抗力もアップします。 だんだん病気することも無くなってくるでしょう。 でも、時を経て、老犬となってくると、人間と同じでだんだん病気にかかりやすくなっていき、健康管理の重要性が高まってきます。

:食事:
食事は栄養バランスが大事です。また食べすぎにも注意が必要です。老犬の場合には紹介のよい食事をあげることも大切です。

:生活環境:
生活環境は清潔に保ってあげましょう。ハウス(犬小屋)が不衛生ですと、ダニなど害虫も発生しやすくなります。
老犬の場合、体温調整がうまくできなくなってきますので、寒暖の差が身体にこたえます。 温度管理のための工夫をしてあげるといいでしょう。

:適度な運動:
身体的な健康とともに、ストレスをためないためにも、適度な運動が大事です。

:犬の老化:
犬の場合は6~7歳くらいから老化が始まるといわれています。 ちなみに犬の寿命は一般的に10~15年程度です。
できれば、5歳を過ぎたころから年一回の健康診断を受けると安心です。 8歳以降は健康診断も半年に1度は受けたいところです。













***** ***** ***** ***** *****

話題 pick up

短頭種によくみられる症状・病気~短頭種症候群
犬のうちでも特に鼻の低いというか、鼻ぺちゃの犬種のことをまとめて「短頭種」と呼びます。 ブルドッグやシーズー、パグ、狆などが代表的です。短頭種は、その頭の特徴のために、呼吸器系の病気になりやすいという傾向が.....

愛犬・愛猫の火葬とお墓|ペット葬儀の話
いつかは愛犬・愛猫など家族の一員だったペットも亡くなります。そんなとき捨てることなんかできないから、火葬やお墓のことを知っておくことも大事です。慌てて失敗しないために、ペットの終活について。.....

病気かも?元気がない~犬の活発さと病気
普段活発な犬が、ぐったりしていたら病気かもしれません。暑い夏など暑さでぐったりしている場合もありますが、理由も分からずぐったりしているときは注意が必要です。元気なら、犬は飼い主さんや周りの様子をよく見ていますが、全然関心を示さ.....

病院に行くか?行かないか?~動物病院・迷う判断
愛犬の様子の異変に気づいたとき、どの程度の状態なら病院に連れていくべきか? その判断、意外に悩むところですね。目安としてまとめてみましたので、参考にどうぞ。:歩き方:.....

犬も健康診断~動物病院で健康診断
犬の寿命は概ね10年~15年程度といわれています。 ギネスブックに載るような長寿犬でもその寿命は20年チョット程度です。一般的に大型犬ほど寿命が短く、小型犬のほうが寿命が長いといわれています。人間に比べると寿命の短い犬ですが、.....

Copyright © 2009- 犬の病気と保険ガイド・ワン. All rights reserved